忍者ブログ
ニュースや出来事に一言コメント
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

調査捕鯨の海域はれっきとした公海

春秋(1/17)NIKKEI NET

 捕鯨に対する見方を国際社会で考えるとと思い、いろいろとネットサーフィン。的を射ているんじゃないだろうかと思えるのが以下の記事。

 昔から、無法者が英雄を気取ると、ろくな結果を招かない。南極海の公海上で、日本の調査捕鯨船「第2勇新丸」のスクリューにロープを絡ませるなど、航行の安全を脅かした上に、船に乗り込んできた反捕鯨活動家を自称する不届きもの2人が、拘束された。

▼至極当然の措置だが、2人が所属するというシー・シェパードなる団体は、捕鯨は違法だと伝えに乗り込んだと主張している。日本の調査捕鯨は国際捕鯨取締条約に基づいて、国際捕鯨委員会(IWC)が認めた合法的な権利である。捕鯨の是非に議論はあろうが、合法的な権利を暴力で妨害するのは許されない。

▼彼らが根拠としているのは、先ごろオーストラリアの連邦裁が下した判決かもしれない。豪政府はかねて南極大陸の領有権を主張している。日本が調査捕鯨している海域は南極大陸の沿岸200カイリ以内で、豪政府が鯨の保護区域に指定しているから、そこでの捕鯨は違法という理屈である。

▼現在、7カ国が南極大陸の領有権を主張している。国際社会はどこの主張も認めていない。領有権は棚上げにして、学術調査の協力を進める南極条約が結ばれている。したがって、調査捕鯨の海域はれっきとした公海である。南極海の調査捕鯨を違法というのは、豪州による南極大陸領有を容認することになる。


 今朝のニュースでは、捕鯨中止を訴える書状を手渡そうとして乗り込んだとの報道もあったが、相手の言い分が事実としても力を行使してする行動ではない!ダメリカもテロ撲滅を標榜しているが、海のテロはスルー。

拍手[0回]

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
最新記事
Amazon
Powerd by AZlink
最新ニュース
がめ煮

ハナサケニッポン
東北関東大震災 義援金(※) - Donation for Japan Earthquake
カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント

[10/16 onelife]
[10/16 卑弥呼の里]
[05/19 名無しさん]
[04/17 蘇拿鬼(sonaki)]
[04/17 onelife]
過去ログ

ランキング

フィードメーター - すきま風
Powered by サイトスカウター
この日記のはてなブックマーク数
Powered by PR-Icon
ブログランキング【くつろぐ】
blogram投票ボタン
アクセス状況

スポンサードリンク

バーコード

SEO

  • seo
RSS

QLOOKアクセス解析
free counters
<<Twitter>>